おいしい株主優待

スポンサードリンク

株主優待とは

皆さんは、株主優待をもらったことがありますか?
個人投資家が株取引をする上で、楽しみなものの一つに、配当金や株主優待があると思います。

 

決められた権利日(権利付最終日)に株を保有してていると、その企業の製品やギフト商品、商品券などの品物が1年に1回~2回、送られくることがあります。これが、株主優待です。
上場しているすべての企業が株主優待制度を設けているわけではありません。
ですが、株主優待の内容はあらかじめ知ることができます。

 

株主優待をもらえる株数は企業ごとに決まっていて、1単元で優待が受けられることもあれば、5単元
や10単元持っていないと優待がもらえない株などがあります。株主優待を調べるときは、優待を受け取るのに必要な株数も、合わせてチェックしましょう。

 

株主優待はいろいろあって楽しいので、株主優待が株を始めるきっかけになったという人も少なからず、いるのではないでしょか。
個人的にも、わかりやすい楽しみがあっておすすめです。優待のある株は人気もあります。

株主優待と株価

人気の株主優待のある株は、権利日には、人気が集まり株価が上がることが多いです。そして、権利日の翌日の権利落ち日に、どんと下がります。権利日当日や直前に株を買うときには、1年前や半年前の権利日付近の値動きもチェックしておくと良いでしょう。2ヶ月くらい前から買っておくのも手です。

 

株主優待があっても、そう価格が上下しない株もあります。ほしい優待があれば、いろいろ研究してみましょう。

株主優待のおすすめは食品。人気もダントツ

株主優待でもらえるものは、その会社の製品から、レストランならば食事券など、事業内容に関係しているものもあれば、全国で使える商品券やギフト券、カタログギフト、果物など、さまざまです。
食品の株主優待は人気が高く、特にお米などに人気が集まります。

このサイトでは、管理人が受け取った、食品の株主優待を、写真でご紹介していきます。
優待品をもらえる最小の株数を基準にして「年1回優待」と「年2回優待」のグループに分けました。

株主優待をもらうには

株主優待をもらうには、まず、ネット証券会社に口座開設する必要があります。

 

ネット証券の紹介と口座開設方法は、こちら → ネット証券口座開設

スポンサードリンク